FIVE Inc. / ファイブ株式会社 | インタビュー 野田 勝
106
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-106,page-child,parent-pageid-26,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode_popup_menu_push_text_top,qode-theme-ver-9.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.1,vc_responsive
 

インタビュー 野田 勝

野田 勝 Masaru Noda

Sales Team

2015年に半年間のインターン期間を経て2016年にFIVEに入社。
「FIVE VIDEO NETWORK」のプロダクトセールスを主に担当。

野田 勝

Masaru Noda

Sales Team

2015年に半年間のインターン期間を経て2016年にFIVEに入社。
「FIVE VIDEO NETWORK」の市場展開戦略策定、マーケティング、販売を主に担当。

聞き手 FIVEくん(以下略): セールスチームの野田さんです。野田さんは大手企業の内定があったにも関わらず、FIVE でのインターンを経て入社しました。どういう理由でFIVEを選んだのでしょうか?
野田さん(以下略): FIVEでインターンをしていた2015年末に、初めて営業としてKPI売り上げ目標を持たせてもらって、それを達成したんです。 達成したことも嬉しかったのですが、そのタイミングで代表の菅野さんから『事業伸ばせることはわかっているから、正式にいっしょにやらないか』とオファーを受けました。それは僕からすると初めて自分が出した成果が評価されてオファーをもらえたということで、革命的に嬉しかったんです。もともとFIVEでインターンをする前に、別のスタートアップでインターンをしていた時はパフォーマンスを評価されなかったこともありまして、営業成果がちゃんと認められて価値があると言ってもらえることが嬉しかった。 大企業よりもスタートアップのほうが経験が積めて自分が成長できるというロジカルな理由は実は後づけで、ここでやりたいという気持ちのほうが先に動いて決めました。
直感や気持ちの部分はやはり大事ですよね。野田さんから見て、FIVE はどんなチームでしょう?
まさに少数精鋭のチームだと思います。セールスチームでも、全員がただの一従業員ということでなく経営者視点を持って動いています。 会社としてこうなっていかないといけないというビジョンを皆で共有して、会社としての意思決定の意図まで理解し、それに沿って営業活動できていることが強みかなと思います。個々の目標を達成することだけに没頭していないのが特徴ですね。
全員経営ですね!これからの事業展開にはどんな意気込みを持っていますか?
いまは FIVE VIDEO NETWORK というプロダクトをメインで任せてもらっていますが、広告主のニーズは確実に静止画から動画にシフトしてきていると思います。動画のほうがパフォーマンスが優れているというのは前提のうえで、同じパフォーマンスなら動画をやってみたいというクライアントニーズがある、まさにマーケットが動画に流れてきていると感じています。 今まであったバナーやテキストなど静止画の市場は全て対象にしていけるかなと思っているので、早く大きなカバレッジを持てるようにしたいです。
自信がありますね!個人的には今後どういうステップを目指していますか?
僕は自分のキャリアの一番最初として、けっこう難易度高いところ選んだなと思っているんですよね (笑)。とりあえず大企業に行こう、という人がまだ多い中で、あえてまだアーリーステージのスタートアップに入ったわけなので。でもFIVEは成功すると思っていますし、成功させるから入ったんです。それでFIVEがうまくいったあとの次のステップは自分が刺激を受けながら働けることを考えると、自分で会社を始めるかボードメンバーとしてスタートアップを興すかどちらかかなと思っています。
野心的で素晴らしいですね。 FIVE は自分でスタートアップを目指す人の経験の場としてもうってつけの環境かもしれないですね!

その他のメンバーのインタビュー

Takayuki Sato

Software Engineer

Kosuke Ruichi

Software Engineer

Megumi Nakane

Creative Development

Shiori Hiraoka

Sales & Business Development