FIVE Inc. / ファイブ株式会社 | インタビュー 佐藤 喬之
17735
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-17735,page-child,parent-pageid-26,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode_popup_menu_push_text_top,qode-theme-ver-9.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.1,vc_responsive
 

インタビュー 佐藤 喬之

佐藤 喬之 Takayuki Sato

Software Engineer

ヤフー株式会社、グリー株式会社を経てGlossom株式会社に入社。広告配信システムの開発及び最適化、ビッグデータ分析やアプリ開発等に従事し、2015年にFIVEに参画。
FIVEではエンジニアリングを担当。

佐藤 喬之

Takayuki Sato

Software Engineer

ヤフー株式会社、グリー株式会社を経てGlossom株式会社に入社。広告配信システムの開発及び最適化、ビッグデータ分析やアプリ開発等に従事し、2015年にFIVEに参画。
FIVEではエンジニアリングを担当。

聞き手 FIVEくん(以下略): 佐藤さんはコーポレートウェブサイトから直接興味があると問い合わせくれました。なにがきっかけで FIVE で働くことに関心を持ったのでしょうか?
佐藤さん(以下略): TechCrunchのニュース(資金調達について)を読んでFIVEを知りHPをみたことがきっかけです。動画という新しい領域でもあったし、その記事ではバウンスのフォーマットが紹介されていたんですが、広告のフォーマット含めメディアを毀損せずユーザビリティを考えて広告の価値を高めようとしているところに共感したからです。
実際に FIVE にジョインしてみて、どんなチームだと感じていますか?
エンジニアとビジネスサイドのコミュニケーションが密で、お互いに理解しあったうえでビジネスを最大化するように工夫しているところが特徴的です。エンジニアチームの開発方針もプライオリティづけが明確でいま何をやれば一番効果が出るかを常に考えてやっている。そのうえで妥協すべきところは妥協して開発速度を保ちつつ、コードの品質や性能を落とさないようにと、かなり難しいことをうまくバランスをとってやっていると思います。会社全体の雰囲気的にもすごくいいですね。何か問題があったときもその場で相談してスピーディに解決できます。
佐藤さんはもともと広告テクノロジーのエンジニアリングもしていたんだよね。エンジニアの目線で動画広告ってどう?
従来の画像のバナーと比べると動画ほうが想像以上にパラメーターが多いと感じています。クリエイティブの振れ幅もそうだしエンジニアリングで最適化できる部分も多い。例えばデータ分析をとってみても単にクリックだけじゃな くて視聴時間とか音声環境とかもみないといけないので、そういう部分は難しいところでもあるし、面白い領域でもあります。
今後のキャリアの展望を教えてください。
前までは技術一辺倒だったというかテクニカルに面白ければそれでいい、技術が目的というところがあったんですが、インターネット広告の世界に入ってからはビジネスに触れることが増えてきて技術は道具だなという意識が強くなってきました。単にプログラミングが飽きてきただけなのかどうかは自分でもわからないですが(笑)広い視野をもって様々なことにトライしていきたいと思っています。
Wow!これからどんなエンジニアの方と一緒に働きたいですか?
チームとしての目標を共有できる人のほうがやりやすいと思います。前は僕もそうでしたが、エンジニアは技術が目的になってるような人が多くて、それはそれでいいと思いますが、それだと自分が好きじゃない技術をやるのはストレスだったりするので、目標のためにはなんでもできる人のほうが合ってるかなと思います。
ありがとうございました!

その他のメンバーのインタビュー

Kosuke Ruichi

Software Engineer

Megumi Nakane

Creative Development

Shiori Hiraoka

Sales & Business Development

Masaru Noda

Sales & Business Development